アスタキサンチンとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chemical

アスタキサンチンについて調べてみました。

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3′-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4′-ジオン。自然界に広く分布する。甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られる。名前はギリシャ語の “yellow flower” に由来するが、実際の色は赤色である。生体内では遊離型、モノエステル型、ジエステル型の3形態が可能であるが、多くは脂肪酸エステル型であり、血漿リポタンパク質と結合した形で存在する。甲殻類ではタンパク質(オボルビン、クラスタシアニン)と結合し、カロテノプロテインとして存在している。タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来する。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンの効果・ 効能はさまざまありますが、なんと言っても強力な抗酸化力です。

紫外線にあたったときやエネルギー生成時に発生する活性酸素(一重項酸素)の消去能力はトマトの色素リコピンに次ぐ強さがあります。

一重項酸素は肌が紫外線に当たった時に発生する活性酸素です。

肌に発生する活性酸素はシミやシワ,たるみなどの原因になります。

アスタキサンチンを配合した化粧水やクリームなどの化粧品で肌の抗酸化をするのは活性酸素対策として有効です。

アスタキサンチンはLDLコレステロールが酸化するのを防ぐ力も強力です。

1日0.6mg以上アスタキサンチンを摂取するとLDLコレステロールが酸化されるまでの時間が延びるという実験結果があります。

LDLコレステロールが酸化してしまうと動脈硬化の原因となってしまいます。

アスタキサンチンは目の老化防止にも有効だとされています。

特に加齢性黄斑変性症の予防や白内障の予防に効果があるとされています。

その他免疫力の正常化や脳細胞を活性酸素から守るため痴呆症の予防効果があります。

まとめると以下の効果があるとされています。

  • 眼精疲労の軽減や予防
  • 脳の老化や病気の予防
  • 血管の老化の防止、動脈硬化の予防、対策
  • 悪玉コレステロールの減少と善玉コレステロールの増加
  • 筋肉疲労の予防と回復
  • 筋肉痛の予防
  • 疲労回復
  • ダイエット効果・メタボリックシンドロームの対策
  • 自律神経のバランスを整える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする